1. ホーム
  2. お知らせ
  3. プレスリリース

お知らせ

ナノパターニング加工による超撥水性付与技術を開発

プレスリリース

2019.11.11

光機械製作所がナノパターニング加工による超撥水性付与技術を開発
~ 表面改質を規則化し、機能性を大幅向上 ~

専用工作機械メーカーである株式会社光機械製作所(本社:三重県津市、代表取締役社長:西岡慶子、以下、光機械製作所)は、この度、超短パルスレーザーを活用した、ナノパターニング加工技術により、素材・部品面に高速且つ大面積で高速撥水性を発現させる技術を開発しました。

研削盤の設計・製造と切削工具の加工を主力事業とする、光機械製作所は2013年、固有技術をベースに、超短パルスレーザーによる微細加工の受託事業を行う「HIKARI LASER LAB.」を起ち上げました。当LAB. の強みは試作に留まらず、量産ラインの設計・開発が可能なことです。

現在、ものづくり現場では技術のさらなる高度化に向けて、素材や部品の機能性を高める試みが重ねられています。金属にショットピーニングを施し、金型の離型性を向上させるといった加工もその一例です。しかし、既存の表面処理やショットピーニング、ブラスト加工では、均一な表面改質が付与されず、機能性が十分に確保できないことが課題となっています。

今回、光機械製作所にて開発した超撥水性付与技術は、超短パルスレーザーによるナノパターニング加工を応用し、ワークに微細構造(マイクロ・ナノ)を付与する技術です。これにより、他工法では得難い規則的な表面改質が可能となり、機能性を格段に高める結果が得られました。また、摩擦に対しては、従来工法に比して部品の摩擦係数を減少させ、製品性能の大幅な向上に繋げることができます。


図 1 接触角150°以上の超撥水

装置・部品の小型化や軽量化にともない、微細加工へのニーズは医療、情報通信、航空・宇宙など成長分野を中心に一層高まってきています。「HIKARI LASER LAB.」では、この超撥水技術を部品や素材の親水性・撥油性・離型性の向上や摩擦低減に加えて、製造プロセスの短縮や素材の選択肢の拡大、生産性向上、コスト削減などユーザーの多様な課題解決に繋げられると考えております。

 

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社光機械製作所 製品企画室 江藤 (059)227-5511
詳細は、こちらからもご覧いただけます。

 

研修プログラム「STEP」をスタートしました。

プレスリリース

2019.09.13

若手社員を対象に、独自に開発した研修プログラム「STEP」をスタートしました。
社長自らが講師を勤め、若手社員12名が参加し、SDGsやCSV(Creating shared value)について学ぶことを通じて、社会の課題解決のために、私たちが出来ることは何なのか、今後どのようなことを心にしながらリーダーシップを発揮し、またプロフェッショナルとしての道に歩んでいけば良いのかを、社員自ら考えていきます。

詳細は、こちらからもご覧いただけます。

 

「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」に認定されました。

プレスリリース

2019.02.21

経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」に認定されました。

詳しくは、こちらからご覧ください。

「三重のおもてなし経営企業選」の受賞しました。

プレスリリース

2018.12.18

社員・地域・顧客に向けたおもてなしの実践企業を表彰する「三重のおもてなし経営企業選」を受賞しました。

詳細は、こちらからご覧ください。 

●関連リンク

三重のおもてなし経営企業選ホームページ

三重のおもてなし経営企業選Facebook

半自動のPCD刃先工具研削盤「HPCD-150S」を開発しました。

プレスリリース

2018.11.20

独特な切り込み機構を搭載した、半自動のPCD刃先工具研削盤「HPCD-150S」を開発しました。

詳細は、こちらをご覧ください。

製品の詳細は、こちらのページからご覧いただけます。